保育の内容

n3.png

保育園には学びの場面がいっぱい

生まれて1,2年の子どもたちが、小さいながらも、一人の人間として、友だちの表情や涙からその気持ちを感じようとする姿があります。こうやって次第に人を知っていくのだと思います。自分という「個」から人へつながっていくこの時期に、目には見えないけれど、「自分の気持ちが大事にされている」という実感や人との心地よさ、「友だちの気持ちを感じる心」など、これから生きていくうえで大事にしていきたい気持ちがたくさん詰まっています。

保育園の中で、物心つく前から一貫して、安心して自分の意見を相手に伝えることができる環境がつくられ、相手の意見を聞くことも同様に経験することが大切なのです。その中で、いろんな問題に対面したり、不思議を発見し、それを話し合いの中で考えあい、解決していくという楽しい学びを展開していきます。それは、自分も相手も大切に生きていくうえで、とても大事な学びだと思います。

保育時間について

午前7時から午後7時の範囲内で保育します。

  • 標準時間認定の保育時間・・・午前7時から午後6時

  • 短時間認定の保育時間・・・・午前8時から午後4時

※上記の認定時間以外は、延長保育となり別料金を頂きます。

延長保育のご案内

  • 標準時間認定の保育時間(午前7時から午後6時)の場合・・・午後6時から午後7時までの1時間を延長保育とします。

  • 短時間認定の保育時間(午前8時から午後4時)の場合・・・・午前7時から午前8時までの1時間、午後4時から午後7時までの3時間

​※なお、利用料金は荒尾市保育協議会で定められたものです。

延長保育利用料.png
延長保育利用料-2.png

※急にお迎えの時間が遅くなる場合や月に数回利用される場合は、日額利用もできますのでご利用ください。突発的に延長保育が必要な場合は、登園の際に申し込まれてください。また、急な場合は電話で申込ください。日々のご利用のときはお迎えのときにサインをお願いします。

​※延長保育料は月末締めで翌月に頂きます。

​休日について

日曜、祝日、年末年始(12月29日〜1月3日)

また、災害などによって子どもたちの安全確保のため臨時休園となることがありますのでご了承ください。